日本経済の変化

日本経済が最も好景気だったのは、1980年台後半から1990年台前半にかけてのバブル経済期です。

このころは、企業の商品が作れば売れ、企業の業績が上がり、社員の所得も増える、好循環でした。
地価や不動産の値段は右肩上がりで上がっていきました。
金や銀、投機も積極的に行われ、それらの価格は投機マネーにより上昇していきました。
バブル経済期はどの産業、業界、業種も右肩上がりでしたが、1991年にバブルが崩壊した後、日本全体が不況になりました。
そのことにより、上昇を続けていた株価は、相次いで下落していきました。特に顕著だったのが、地価や不動産です。
バブル崩壊から10年以上が経過した後に、日本の経済をさらに悪化させる出来事が起こりました。
2008年にアメリカの「リーマン・ブラザーズ」という世界第四位の証券会社が倒産しました。その影響で、世界中が不景気になりました。この出来事を、「リーマン・ショック」とよんでおります。
その影響は日本にまでおよびました。日本の企業の中には、従業員の解雇を余儀なくされた企業もあります。
それ以降、日本は長引く不況を迎えました。不況の状態を改善するため、企業は正社員の雇用を控えるようになりました。

日本の社会人も、自分自身の生活を守るために、副業を行う人が増えてきました。個人でできる人気の副業として、個人輸入、FX、アフィリエイト、株式投資、代行ビジネスなどがあります。
インターネットが世界中で普及したことにより、インターネット環境があれば、個人輸入を行うことができます。
個人輸入の輸入先として、最近では、アジアが人気です。中国や韓国から個人輸入を行う人が増えております。個人輸入を行うにあたり、代行業者を活用するのも1つの手段です。
代行業者とは、商品の仕入れを変わりに代行して行ってくれる人のことをさします。

関連リンク

個人輸入転送サービスを利用していただくことにより、海外でしか手に入らない商品をお手軽に入手できるようになります。

© 2014 個人輸入や代行ビジネスを個人で行い収入を増やす
Designed by -- Made free by PKV Private Krankenversicherung | Webdesign | PA Careerlink